葱のヒトリゴト。かつて某大陸で暮らしていた鳥女が、撤退後もなお脳内に残るアレコレを吐き出したり、思い出を懐古したりする、地下火災飛び火現場。 知人であればコメントつっこみリンク貼り等なんでもどんとこい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
あと誰がいたっけか<人物図鑑
もう脳内オンリーしかいないんじゃね?とか一瞬思ったけど、失大陸の娘忘れてんじゃんよ(ぁ
なんか一番設定とかごちゃごちゃしてんのに、メモ的なものが全然ないわー
ちなみに彼女ROの小さい可愛い無造作な俺様(うるさい)と姓が同じだけど、深い意味はない。響きが好きなだけです。
お名前を拝借させていただいたキャラがネクロマンサー(死体を操るとか禍々しいお仕事をしてる人のことらいしですよ)なんです。
可愛いオナゴで禍々しげな名前を名乗りたかったんです。可愛いお子様でしかも聖職者で禍々しげな名前を名乗りたかったんです。それだけ。

そういや、葱たち全員で戦ったら誰が一番強いんだろうとかくだらん妄想をしたことがあるんだが、きっと一番強いのがLGの娘です。
鳥兄妹は狩猟以外の殺生はしたことがないですきっと。ネギ武術は護身術なのです。兄貴に至っては血を見るのすら嫌です。
とりあえず剣以外の武器しか興味のない背後。ROでもそうであったように、大抵RPGでもファーストチョイスは弓、なければ槍とかの中距離系。

今日も殺風景なまま、どーでもいい話をつらつらと。
何か殺風景じゃなくなるいい案はないでしょかー
でも写真とか絵とか入ってるデザインのブログって苦手なんよね。
いつも、選んだときと同じ気分とは限らんから(?
スポンサーサイト
出演させろといったところ、むしろそっちが出演させろYO的なことを言い返されたので、恐れ多くも船長モノに着手してみました。(脳内でな
途中キッチンが絡むのですが、脳内ふぇずーはわりとすらすらしゃべってくれるのですが、脳内らっぷがウマく喋れない模様。
カタカナの区切りには何か法則性があるのでしょうカ?
ともあれ、日の目を見ることがあるといいんだがなぁー

ちなみに葱の喋り方は背後の日記語と大差ない。
言いそうで言わない言葉は、「食う」とか「腹へった」とか。
微妙に法則がわからない自分でも。
一人称はガラにもなく“葱”とか自分の名前で言います。なんか自分の名前一人称にする子ってぶりっ子(死語を通り越して化石語)ぽくて嫌なんだけど。
某所日記を書いてたときに、背後発言と分ける意味で言い出したのがきっかけだったような。

今日もどうでもいい話を書き連ねてみました。mixi書いてないのは、今仕事の話しかネタがなさそうだからです…!うぁぁぁぁーーー!!脳や心は元気なのですが、体がついていかんくて活動範囲がすごい狭まってる感じ今。あまりよくない傾向だなぁ。
倭人とバードマンの間に生まれたハーフバードマンの青年。
いつも何かしら和服を着ている。長い紫銀色の直毛、切れ長で涼やかな漆黒の瞳、透けるような白い肌等の身体的特徴から、女に間違えられることも少なくない。
烏のような真っ黒い翼を持っているが、飛ぶことはできない。
葱と荻の幼馴染だが、そうとはとても思えないほど物静かで理知的である。

大昔に日記にUPしたものなんだけど、覚えてる人いるかなぁ?
あまりにも小さい字で妄想考察が長すぎるので、お目汚しではありますが、目を休めてくいただく目的でUPしてしまった(そこか

兄貴とオヤジのせいで、葱は騒々しい男が嫌いです。イライラするのね。だから、いつもこんなん。
近所の幼馴染のナギ君にはそんなことないんだけど。
そゆわけで明日はナギ君の出番かな。とか無理やり明日につなげてみる。

余談だけど、某大陸って黒電話なのかな。ジリリリて…
葱と荻の両親(ただし葱は父親としか血はつながっていない)。二人ともバードマン。
夫婦で飲食店を営んでいる。
父は荻に似た騒々しい図体のデカいおっさん。少々惚れっぽい。
母は特別美人でもないし特殊能力もないが、気立てがよく働き者で面倒見もよい、いわゆる良妻賢母。
葱は6歳か7歳くらいのころから、この両親のもとで育てられた。
で、いまさらながらバードマンて何?って話ですが、早い話が鳥人間、鳥の翼が生えた人、なんだけど、背後的バードマンって某所の種族解説に書いてあった(風の民で仲間内では風に言葉をのせて意思疎通を図るとか、神の末裔だとかなんかそんなん書いてあった気が)のとちょっと違うのよね。

わりとどーでもいい背後的鳥人間の定義。
まず実年齢より見かけが若い。某大陸にはものすごくありがちというか、大半の人がそうだったような気すら(笑
で、某愛ゲームの鳥人間の法則にしたがって、鳥人間は人間の1/3の早さでしか歳をとらないと仮定する。
葱に関しては鳥人間の血が半分なので、多少若く見える程度でさほど人間と大差ないんだろうけど、純バードマンの兄貴は確か見かけが20台後半って設定だったと思うので、実年齢は80歳とか90歳ってことに…!!
いやー元気なおじいちゃんだ。
まぁあの大陸には100歳超えとか1000歳超えとか山ほどいたしね。普通だよ普通。

あと、鳥人間の定義として重要なのは、やはり飛ぶこと。
あったりまえだ、飛びたいがために鳥人間やってたんだからよ。
しかし物理的に考えて、そんじょそこらの大きさの翼では人間一人の重量を風にのせるとか厳しいぽいよね。
そゆわけで葱はかなりスレンダーで身軽だと思われます。ただ、純鳥人間に比べると翼も生まれつき未発達につき、長時間飛行とか、もう一人背中にのせて…とかは無理そう。
兄貴は筋肉質で重そうだけど、そのぶん翼もデカくて丈夫。子供一人くらいはのせて飛べるだろってことで、いつだったか、らっぷ(の古大陸キャラ?)をのせて飛んだりしてたね(笑

さらに、鳥人間は視力がいいです。高いとこからいつもモノを見てればまぁ必然的にそうなるかなぁと。4.0くらいあると愉快ですね。
そこからさらに妄想考察を広げると、おそらく山岳や渓谷などで狩猟生活を営んじゃったりしてるかなぁと。ちょっと人里離れた自然いっぱいの野山にひっそり存在する鳥人間オンリーの集落、そんなとこが鳥兄妹の故郷です。

葱の腹違いの兄。
(葱の母親は人間だが、荻は両親共にバードマン)
とりあえず騒がしい。ガテン系。髪はパイナップルや噴水のような形状の爆発系。デカい声で関西弁をまくしたてる。
やさ男とは程遠い外見のわりに温和な平和主義者で手先が器用。
葱のような謎の特殊能力はなく、戦闘時も武器を持たずにデカい図体を生かした体術が基本。

すごい見にくいと思うんだけど、わざと背後的発言は消えそうに儚げな色の文字で書いてんの。反転するなりそのへんは好きにするといいよ。

てか、肝心の葱の名前の由来とか書いてなかったんだけど、別に由来ないのね。ただ単に、当時ネット上で使ってたHNをそのままキャラ名にしただけ。こんなに長生きになると思ってなかったわ(笑

まだあまり見せるべきものもない(というかいつまでもないかもしれない笑)ので、地下火災始めましたみたいな告知もしてないけど、ふぇずーんとことかまっするとことかリンク貼ったままのようなので、適当に誰か流れてくるといいと思います。

それにしても字ばっかりで殺風景だ。なんとかならんのかこれ。
タンスの上においてあるペンタブをソコの後ろに刺さってるiPod抜いて挿せばいいだけの話なんだが。
予告どおりマウス画4コマ漫画をやれということか?

火災始まってから、懐かしい方のサイトとか久々に見てまわってすげー懐かしかった。みんな元気なのかなぁ。


人間の母とバードマンの父を持つハーフバードマンの女。
その名が示すとおりネギに特化(ネギの硬度を変化させ武器として使用する、ネギ料理に限りシェフ並みの料理の腕を発揮する、等)した戦闘向けなんだか家庭向けなんだかよくわからない特殊能力を持つ。
ネギに関すること以外は基本的にものぐさ。めんどくさいことが何より嫌い。喧嘩上等。色気皆無。
女のわりに長身(170前後)なのと着飾るのが面倒という理由で、男物のシャツをだらしなく着てることが多い。気の向くままに伸ばしっぱなしのぼさぼさロングヘアも後ろでただ適当に束ねてるだけ。


かつて某大陸で暮らしていた鳥女の地下火災飛び火予定?現場へヨウコソ。

…といっても、もともと葱の背後の人は、某大陸に数多くいた絵描きさんや物書きさんたちと違い、脳内ワールドを表に出し他人に伝える能力に乏しい人間であります。
当然某大陸現役時代に語りきれなかった各キャラクターのエピソードやら設定やらが、今も脳内に山ほど蓄積されております。
時には後から付け足しすぎてつじつまが合わんかったり、また時には先に色々設定しすぎて収集がつかなくなったり、まぁ色々あるんだが、そのへんを適当に書き連ねたりしてみるかもしれません。

ペンタブをつないだら、そのうち子供の落書き程度の図解がついたりするやもしれん。

今日はLGにいた子のお話のなんか書きかけみたいな文章をどっかのフォルダから発掘したんですが、最初からいきなりわけわからんぽいので登場人物くらいからおいおいまとめていこうかなぁ。脳内オンリーキャラもいることだし。

部長やふぇずーのようなクオリティを期待するなよ(してねぇよ
あとめんどいのでブログ形式で勘弁な。
 
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。