葱のヒトリゴト。かつて某大陸で暮らしていた鳥女が、撤退後もなお脳内に残るアレコレを吐き出したり、思い出を懐古したりする、地下火災飛び火現場。 知人であればコメントつっこみリンク貼り等なんでもどんとこい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
黒いマントとロングドレスに身を包んだ、植物使いの女。外見は普通の人間と変わりないが、種族はバードマン。背中に翼の焼け焦げた痕がある。
少女のような可憐な風貌とは不釣合いな、老長けた立ち振る舞いと儚げな微笑が特徴。
背中まで伸びた黒っぽい銀髪に、いつも髪飾りのようにいばらの蔓(ローラはこれを“茨”と呼んでいる)を絡みつけている。
戦闘時は、髪に絡み付けている“茨”や、その辺りに生えている植物を使った防御や補助がメイン。攻撃はハニー(※)が担当している模様。

(※補足)
ハニー…ローラと行動を共にしている半獣の少女。10代前半くらい?
生まれてまもない彼女を拾って以来娘か妹のように彼女を可愛がって育てている。名前は蜂蜜色の毛並にちなんでローラがつけたらしい。

《誕生秘話的蛇足とか裏話》
失大陸にいた人。初期設定に加えて後付設定も多くて困った人。
てか、とりあえずネーミングセンスどうなのこの人。“茨”とか“ハニー”とか皆「そのまんまやんけ!!!!!」みたいな。

茨については人物図鑑で人間一人扱いとして後記するとして、お供のハニーちゃんは失大陸にいた別PCで、背後は葱さんとは違う人です。
いろいろ大陸上陸に当たって打ち合わせもしたんだけど、上陸直後に忙しくなっちゃったらしく、あまり絡めなくて残念でした。一応「お話とか書くときに勝手に喋らせてもいい?」って許可は取ってありますが。

とりあえず葱とは違う“女の子ー”なキャラがやりたかったんすよ。葱がアクセとかつけたがらない子なので、背後好みのアンティーク風のアクセとか似合う子にしたいなぁと。でもアマノジャクな背後はただ可愛いだけでは当然飽き足らず、脳内で紆余曲折を経て、むしろ経すぎて、こんな謎女が生まれてしまいました。

容姿に関しては、葱の項でも述べた通り、銀髪がやりたかった。あと密かに頬傷があったりしたのですが、よく絵師さんに忘れられました。自分もよく忘れました(ぁ
顔絵になったときに、個人を特定できるような特徴的な装飾物を入れたいタチなのです。葱の場合はそれが頭眼鏡とネギで、兄貴は炎色の羽ピアスとタオル?だったように、この娘に関してはそれが頬傷といばらの蔓だったのだよ。

といっても、最初はこんなトゲトゲしいものではなくて、月桂樹の冠みたいなのの予定だったのね。それがたまたまその時聴いてた「Crown of thorns(訳すと、いばらの冠?)」という某洋楽曲のせいで、トゲになってしまいました。簡潔に説明すると、「売れたとたんにポイかよオマエ何様のつもりやねんザケンナヨ」みたいな、捨てられた女の恨みつらみを歌った歌だった、はず。洋楽の訳は一度みてイメージだけつかんで自分なりに解釈してあとは見ないもんで(もしくは最初から読みもしない
間違ってもローラのイメージ曲とかそんなつもりはない。

イメージ曲とかではないけれど、時々庭のハーブをいじりながら口ずさんでたって設定の曲は、普通に「Scaborough Fair」です。ハーブの名前がいっぱいでてきます(それだけかい

名前は最初葱たちと同じように漢字一文字にしようかと思ってたんじゃないかな。それがたぶんROで使ってる“柊”じゃないかと。トゲの生えた植物繋がりで。それが“ローラ”になったのは、ただ単に巻き毛=ロールが由来だったような気がしないでもない。ただ、“ローラ”の綴りは何種類かあって、最終的に“laura”を選んだのは、これが月桂樹=laurelから来てるらしいから。要はまぁ、カレーとかに入れるあの葉っぱですけどね。

長いなぁ。まだまだあるけどこのへんにしとくか。両親の話とか翼の話とか。あぁ鍵束の話ってのもあったか。
スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。