葱のヒトリゴト。かつて某大陸で暮らしていた鳥女が、撤退後もなお脳内に残るアレコレを吐き出したり、思い出を懐古したりする、地下火災飛び火現場。 知人であればコメントつっこみリンク貼り等なんでもどんとこい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ローラがいつも髪飾りのように髪に絡みつけているいばらの蔓。
記憶を失った男の魂だか何かが宿っているので、人語を解すだけでなく人格や意思をも持っている。声を出して話すことはできないが、ローラに対してだけはテレパシーのような方法で会話をすることも可能。
やや気位が高く、冷静沈着で理知的な大人の男のようだ。
ローラとは主従関係というよりは家族に近い感覚。

《誕生秘話的蛇足や裏話》
どういう経緯でこれが喋ったりする設定になったのかさっぱり自分でも覚えてないんだけど、いきなりネタバレするならこの乗り移ってる記憶喪失の男とやらが、子供のころローラの目の前で何者かに拉致されたまま行方不明という噂(あ、まだどこにも書いてないやんコレ)の、実の父親だったり。
しかし会話風景を想像するとかなり不思議少女というか電波系だよなコレ。

ちなみに父親に関しては、ローラとそっくりだという以外名前すら決まってないとか。あ、書きかけの謎文書では、ストレートのロン毛を後ろで束ねた髪型だった模様。母親はいーとこのお嬢さんで、名前はローズマリー。失大陸で名乗っていたオブデロード姓は、母親方のものだという設定。父親が罪人だか研究材料だかなんだかで、追われる身だった為あえてそちらを名乗っていた、と。
あ、あくまでお父さん死んでないつもり。きっとどこかでコールドスリープとか…あるいは呪いとかで茨に姿を変えられてるんだよ、って、そのへん決まってないのかよ!!!決まってたのかもしれないけど忘れたのかも背後。

余談だが失大陸でこの娘、この茨を切り売りしてました。記憶がなくとも「娘に貧乏させたくない」という親心が働いた結果の彼の行動だと思ってください(無茶
切り売りされてたやつはたぶん喋ったりしないはず。ただのトゲトゲです。
スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。