葱のヒトリゴト。かつて某大陸で暮らしていた鳥女が、撤退後もなお脳内に残るアレコレを吐き出したり、思い出を懐古したりする、地下火災飛び火現場。 知人であればコメントつっこみリンク貼り等なんでもどんとこい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ジリリリリリリン
ジリリリリリリン
ガチャ
「はいもしもーし」
『あー俺や俺オg
ガチャッ
…ツー ツー ツー…

(10秒後

ジリリリリリリン
ジリリリリリリン
ジリリリリリリン
ジリリリリリリン
ジリリリリリリン
ジリリリリリリン
ガチャ
「ンだよしつこいな!オレオレ詐欺なら間に合ってるよ!ほんじゃ」
『お、ま、ちょ、ちょい待てや!兄貴の声忘れたんかホンマに!』
「…なんだ兄貴か、紛らわしい…」
『お前が勝手に勘違いしたんやろーが!!』
「普段うちにそんな怪しい方言で電話かけてくる奴なんていないもんでね。で?何?あの話ならお断りだよ」
『…や、そのー…元気かなー…とか思て』
「…?まぁ元気かなぁ?それしか取り柄のない兄貴ほどじゃないとは思うけど」
『…っ、なんでお前はそないに口の減らん女やねn
「あぁーっと、お客さん来たから切るね、葱忙しいんだよ兄貴と違って。ほんじゃ」
『おま(ブチッ

…ツー ツー ツー…
スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。